ケーススタディ

  • TOP  >  
  • ケーススタディ

ケーススタディ

「KORTTI(コルティ)」は、法人様における名刺業務の手間を大幅に削減するWebサービスです。KORTTIをご利用いただくことにより、名刺作成で発生する様々な業務を一括管理できます。

こちらでは、既存の名刺調達業務と、KORTTIによる名刺調達業務を比較して、どのような違いがあるのかご説明します。名刺作成業務を削減して、総務担当者の負荷を軽減したいとお考えのお客様、KORTTIの導入をご検討ください。

名前発注を簡素化しコスト削減につなげます

名前発注を簡素化しコスト削減につなげます

既存の名刺業務においては、様々な作業が発生します。名刺のデザインから編集、校正、情報管理、発注、進捗管理、配送確認にいたるまで、面倒で細々した作業が多く、「手間がかかって大変」と考えておられるご担当者様は多いのではないでしょうか。

KORTTIなら、こういった面倒な作業をWeb上で簡単に操作可能です。すべての流れを一括管理でき、最短1分で名刺の発注が完了します。

従来の名刺調達の流れ
作業の
流れ
メールやFAX申請 発注・
校正連絡
印刷会社
版下作成
確認・
発注/承認
印刷会社
製造
受け取り・仕分け 受取
総務担当者の作業   10分   10分   5分  
作業の
流れ
総務担当者の作業
メールやFAX申請  
発注・
校正連絡
10分
印刷会社
版下作成
 
確認・
発注/承認
10分
印刷会社
製造
 
受け取り・仕分け 5分
受取  

作業時間トータル=10分+10分+5分=25分

KORTTIを利用した名刺調達の流れ
作業の
流れ
入力/確認
発注・承認
印刷会社
製造
指定先で受取
総務担当者の作業 1分    
作業の
流れ
総務担当者の作業 入力/確認
発注・承認
1分 印刷会社
製造
  指定先で受取  

作業時間トータル=わずか1分!

工数削減試算のモデルケース

上記のように作業時間のトータルとしては、「25分-1分」、すなわち24分の削減となります。これが年間どれくらいのコストダウンにつながるのか、次のような具体的なケースで試算してみましょう。

従業員数 1,000名
名刺作成 1人当たり4箱/年

上記のモデルケースにおいて削減可能な工数(時間)は、

1,000人×4箱×24分
=96,000分
=1,600時間
=10ヶ月

となります。すなわち、ご担当者の月給が30万円とすると、年間で360万円のコストダウンにつながる計算です。

ログイン・新規登録